2005年09月30日

マンガ「昴」映画化

バレエをテーマにした異色の少年マンガ「昴」が映画化されるそうで、出演者のオーディションがあるそうです。詳細はこちら
続きを読む
posted by とらのお at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

映画「センターステージ」9/28(水)テレビ東京

テレビ東京で、映画「センターステージ」の放送があります。

  ▼放送 9/28(水) 13:30〜15:30 
   テレビ東京
   映画「センターステージ」(米2000年)
続きを読む
posted by とらのお at 00:41| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

チケット・クラシック 10月1日オープン

オペラ、バレエ、コンサートというクラシック専門のチケットサービスが新しく始まるようです。

「チケット・クラシック」というサービスで、10時から24時まで電話予約ができ、チケットはすべて郵送、しかも、発券手数料も送料もかからないそうです。これはお得ですね〜。
続きを読む
posted by とらのお at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

NHK トップランナー 太田垣悠

今日のトップランナーは、リヨン国立オペラ座バレエの太田垣悠さんがゲストでした。太田垣悠は、高校を3ヶ月で辞めてフランスに渡り、リヨンのコンセルヴァトワールに入学。その後プロになって3年、まだ22歳だそうです。
続きを読む
posted by とらのお at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

本「闘う白鳥」 マイヤ・プリセツカヤ自伝

大分前に発表されたニュースですが、来年2月の公演「バレエの美神たち」に、マイヤ・プリセツカヤが出演するそうです。演目は「アヴェ・マリア」。今年、なんと80歳!

最後に見たのは4年前だけど、たぶん、今でもすごく元気なんだろうな、、、唯のゲストでなく、一応踊るくらいだし。

というわけで、マイヤ・プリセツカヤの自伝の紹介です。小さい文字でびっちりと書かれて、かなりの分量ではあるんですが、かなり面白いです。ソ連という時代がよくわかるというか。
4163517405闘う白鳥―マイヤ・プリセツカヤ自伝
マイヤ プリセツカヤ Maya Plisetskaya 山下 健二

文芸春秋 1996-06
売り上げランキング : 364,141
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

父親を政治犯として銃殺され、母親も逮捕されて、自らもスパイ容疑をかけられて、常にKGBにマークされながら踊り続ける、まさに「闘う白鳥」です。
続きを読む
posted by とらのお at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

劇場一覧

数日前から載せていたのですが、バレエがよく上演される劇場の一覧(とりあえず東京中心)を左欄バレエ情報アーカイブに載せてます。各劇場のホームページ、地図、座席表をリンクしてます。

posted by とらのお at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジ・アトレ10月 白鳥の湖インタビュー 

新国立劇場の情報誌、ジ・アトレ10月号のバレエ特集は、1月の白鳥の湖の主役を踊る酒井はなさんと寺島ひろみさんのインタビューでした。

続きを読む
posted by とらのお at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

楽天ブックス

楽天ブックスで、システムの改修をした影響で、リンク先にうまく飛ばないようです。楽天のサーチリンクができなくて、楽天ブックスのトップページに飛んでしまうらしいです。

楽天ブックス側の不具合が直ったら調整しますので、それまでご了承ください。

posted by とらのお at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

「カルミーナ・ブラーナ」トーク・イベント 2005/9/18

今日は、新国立劇場で「カルミーナ・ブラーナ」トーク・イベントがありました。

新国大劇場のホールで、12時〜13時、約1時間ほど振付家のデヴィット・ビントレーさんのお話などが聞けました。150人ぐらいは集まってたかな〜。

続きを読む
posted by とらのお at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 終了した公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

バリシニコフの「放蕩息子」の感想

8月に見た熊川哲也の放蕩息子が面白かったので、今度はバリシニコフの放蕩息子のDVDを見ました。構成、美術はもちろん全く同じでした。

熊川哲也の公演時のプログラムの中で、佐々木涼子さんの解説によると、原題にある「progdigue」のイメージは、単に放蕩というより、もっと豪放なイメージがあるそうです。

と言われてみると、バリシニコフの放蕩息子は、確かに豪放な感じもして、この役にすごく合っているかも。

続きを読む
posted by とらのお at 11:27| Comment(2) | TrackBack(1) | バレエのビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

東京バレエ団 新演出「眠りの森の美女」

あちこちのサイトですでに紹介されてますが、東京バレエ団の「眠りの森の美女」が、ついにリニューアルされるそうです。しかも、マラホフの演出だそうです。

 ▼ 東京バレエ団 マラーホフ新演出「眠りの森の美女」
   2006/2/18(土) 15:00 @東京文化会館
   2006/2/19(日) 15:00 @東京文化会館
   2006/2/21(火) 18:30 @東京文化会館
  出演:マラーホフ(デジレ王子)、吉岡美佳(オーロラ)
  チケット発売:10/1(土)より 詳細はNBSのサイト参照

NBSニュース(vol.223)を見ると、衣装のイラストが載っているのですが、これ見るとかなり個性的ですね。
続きを読む
posted by とらのお at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 終了した公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SWAN MAGAZINE Vol.1 読みました

さっそく、SWAN MAGAZINE Vol.1 読みました

内容は、SWANの作者である有吉京子さんのバレエの話、SWANの最初部分(真澄がプリセツカヤを見て感動するところ)の復元、上野水香さんのインタビュー、その他バレエ入門情報、そして、SWANの続編となる「まいあ-SWAN ACTU」という構成です。
続きを読む
posted by とらのお at 23:13| Comment(2) | TrackBack(1) | バレエの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

バレエ作品の紹介

有名なバレエ作品のあらすじと見所を紹介したページを左の欄にリンクしました。

以前作っていたものを、ブログに入れなおそうかと思っただけど、ブログだと情報の整理がしにくいので、そのままリンクしまいました。統一感がなくて、ちょっといまいちですが、、、

11月のシュツットガルト来日公演の演目、ロミオとジュリエット、オネーギンも入れてますので、参考までにどうぞー。

posted by とらのお at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新国立劇場 情報センター(5F)

初台の新国立劇場には、5Fに情報センターという資料室のようなものがあって、バレエや舞台関係の本・雑誌を読んだり、ビデオブースで、映像を見たりすることができます。
  新国立劇場 5F 情報センター
 
ビデオブースは以前は無料だったんですが、最近は、50円/30分かかるようです。

ただ、ひさしぶりに行ってみたら、バレエの映像作品がほとんどなくなってしまっていてすごくがっかりしました。
続きを読む
posted by とらのお at 21:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 劇場ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

レニングラード国立バレエ 2005/12/23〜

今年もレニングラード国立バレエの公演が12月から2月にかけて行われます。ほとんどのメジャーな古典作品が網羅されてるという、豪華なラインナップ。
続きを読む
posted by とらのお at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 終了した公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルジマトフのすべて2005 2005/11/3(木)〜

ルジマトフの公演が11月にあります。

 ▼ ルジマトフのすべて2005
  2005/11/3(木)14:30@新宿文化センター
  2005/11/5(土)14:30@新宿文化センター
  2005/11/6(日)14:30@新宿文化センター
演目と出演者の詳細はこちら

ルジマトフの他には、レニングラード・バレエ団から、ペレン、クチュルクというお馴染みのダンサー、キーロフ・バレエのファジェーチェフ、コルプ、そして、パリ・オペラ座は、今注目の若手ドロテ・ジルベールの他にカール・パケット、ヤン・サイズ、シアラヴォラといった若手など。
 続きを読む
posted by とらのお at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 終了した公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

熊川哲也 チャリティ・バレエ

たまたま、病院の電話番号を調べようと思ってホームページを調べてたら、熊川哲也の名前が。熊哲が入院でもしたのかとおもったら、なんと、病院でチャリティ・バレエ・コンサートを行ったそうです。記事はこちら

こんな活動もしてたんですね〜。ちょうどこの前後でこの病院行っていたので、観たかったなあ。


posted by とらのお at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本「ウラジーミル・マラーホフ」

マラーホフの自伝。家族や子供の頃の話から、ベルリン国立バレエの芸術監督になるまでを、淡々と語っています。


4893361996ウラジーミル マラーホフ
ウラジーミル マラーホフ インゲボルグ ティヒー・ルーガー 後藤 まの


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボリジョイ・バレエ学校からバレエ団に入団するあたりや、もっといろいろなバレエが踊りたいと西側に飛び出すあたりなど、いろいろ大変だったろうと思うし、もっと知りたい気がしますが、非常にあっさりと語られてます。たぶん、彼はまだまだ若いし、過去ではなく、自分のバレエ人生の前だけをみつめて生きているんだろうなと思いました。
続きを読む
posted by とらのお at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

M 東京バレエ団 2005/10/29〜

ちょっと変わった公演といえば、東京バレエ団「M」が10月にあります。

 ▼「M」 東京バレエ団
  2005/10/29(土)18:30
  2005/10/30(日)15:00
  会場:ゆうぽうと(五反田)

三島由紀夫をテーマにして、彼の人生や思想、美学を抽象的に描いたベジャール作品。いかにも西洋人が好きそうな東洋趣味って感じがしなくもないですが、ちょっと変わったもの、哲学的なものが好きな方にはいいかも。

個人的には、この手のバレエは、ベジャールの「ザ・カブキ」でちょっと懲りたのだけど、バレエの祭典の会員なので、一応いく予定。
posted by とらのお at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 終了した公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピンク・フロイド・バレエ 2005/10/15-16

ピンク・フロイドの音楽でバレエを上演するという、ちょっと珍しい公演。去年に引き続き、牧阿佐美バレエ団で上演される。

 ▼ピンク・フロイド・バレエ 牧阿佐美バレエ団
   期日:2005/10/15(土)18:00
      2005/10/16(日)13:00
   会場:国際フォーラムA
   
もともとは、1973年にピンク・フロイドのライブ演奏で、プティが振付のバレエが上演されたらしい。
続きを読む
posted by とらのお at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 終了した公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

本「世界がおまえたちの舞台だ」

バレエではないですが、音楽関係の本です。世界的な指揮者チョン・ミョンフンの母親の自伝です。

チョン家は、ミョンフンのほかに、チェリストのミョンファ、バイオリニストのキョンファと世界的に活躍する音楽家を輩出してますが、彼ら以外の兄弟(なんと7人兄弟!)も、いずれも劣らずとっても優秀です。そんな母親の子育ての話です。
続きを読む
posted by とらのお at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

マラーホフの贈り物 2006年2月

マラーホフが自ら企画するガラ公演「マラーホフの贈り物」が来年2006年2月〜3月に行われます。

出演は、マラーホフのほかに、ABTからジュリー・ケント、ゴメス、ミュンヘンバレエからラカッカ、ピエール、ボリジョイからルンキナ、フィーリン、マラホフのお膝元ベルリン国立バレエからセミオノワ、シュピレフスキーとなかなか豪華。
続きを読む
posted by とらのお at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 終了した公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月はやっぱり「くるみ割り人形」

クリスマスの風物詩ともいえる「くるみ割り人形」。12月になると、あちこちのバレエ団で上演されます。

クリスマスの夜に子供が見た夢の世界ということで、ちょっと子供向きの感じもありますが、チャイコフスキーの音楽は耳慣れた曲も多く、気軽にバレエを楽しむにはちょうどいいかも。

いろいろなバレエ団で上演しますが、有名どころの公演情報を集めてみるとこんな感じ。続きを読む
posted by とらのお at 00:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 終了した公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

[兵庫] 春の祭典 ニジンスキー版 11/12-13

公演でもらったチラシをみてたら、ニジンスキー版「春の祭典」日本初の復刻上演というのを見つけました。場所が兵庫なんですが、、、

しかも、ヴィシニョーワ、アンドリアン・ファジェーエフ、ヤンヤン・タンなどの豪華ゲストも登場して、白鳥の湖やドン・キホーテを踊るそうです。
続きを読む
posted by とらのお at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 終了した公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新国立劇場 「カルミナ・ブラーナ」2005年10月

2005/10/29(土)〜11/6(日)は、新国立劇場で「カルミナ・ブラーナ」と「ライモンダ 第1幕より夢の場」が上演されます。

オルフの名曲「カルミナ・ブラーナ」に、デヴィット・ビントレーが振り付けしたもので、日本では初演だそうです。音楽自体も非常にファンの多い名曲なんで、これにバレエがつくとどうなるか、楽しみです。
続きを読む
posted by とらのお at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 終了した公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする