2005年11月20日

シルヴィ・ギエム最後のボレロ 2005/11/20(日)

ギエムのボレロを見てきました。ギエムが熱望したという振付家マリファントの作品、「Push」が非常に興味深かったです。

▼シルヴィ・ギエム最後のボレロ 
 2005/11/20(日)15:00 東京文化会館
続きを読む
posted by とらのお at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演日記2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

新国立劇場「ナチョ・ドゥアトの世界」2006年3月

新国の情報誌、ジ・アトレ12月号に、来年3月のバレエ公演「ナチョ・ドゥアトの世界」が紹介されてました。

新国立劇場バレエ団では、スペイン国立ダンス・カンパニー監督で世界的な振付家ナチョ・ドゥアトの作品だけで構成される「ナチョ・ドゥアトの世界」を2006年3月に上演します。
続きを読む
posted by とらのお at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 終了した公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新国立劇場「白鳥の湖」2006年1月

新国立劇場バレエ団の1月公演は、お馴染み「白鳥の湖」です。ザハロワ、ウヴァーロフがゲストです。

続きを読む
posted by とらのお at 22:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 終了した公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本「Swan Magazine」第2弾予約開始

楽天ブックスから、「Swan Magazine」第2弾予約開始の案内をもらいました。

Swanの続編『Maia まいあ――SWAN act II』第2話は、念願のオペラ座バレエ学校に編入したまいあに新たな試練が!という内容だそうです(40ページ)。その他には、「白鳥の湖」についての特集があるようです。
 
続きを読む
posted by とらのお at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

「くるみ割り人形」K-Ballet 2005/11/17(木)

K-Ballet Companyの「くるみ割り人形」を見てきました。

▼「The Nutcracker」K-Ballet Company
  2005/11/17(木)オーチャードホール
[配役]
 ドロッセルマイヤー:スチュアート・キャシディ
 マリー姫:荒井祐子
 くるみ割り人形/王子:熊川哲也
 クララ:神戸里奈

制作費10億円をかけて作成される新プロダクション、さすが舞台セットは豪華でした〜。

それと、熊川哲也がこだわったらしい、ホフマンの原作を尊重したストーリー展開もなかなか面白かったです。
続きを読む
posted by とらのお at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演日記2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

ニジンスキー版「春の祭典」2005/11/13(日)

きのうは、兵庫県立文化センターのオープンニング・バレエ・ガラ「春の祭典」を見てきました。

せっかく関西までいくので、休みをとって、のんびりしてこようかと思ったのだけど、仕事もつまっていて、日帰りになってしまいました。残念。

でも、ニジンスキー版の「春の祭典」はなかなか興味深く、遠征した甲斐がありました。
続きを読む
posted by とらのお at 23:47| Comment(6) | TrackBack(1) | 公演日記2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

シュツットガルトバレエ団「ロミオとジュリエット」2005/11/12(土)昼/夜

きのうは、昼・夜とシュツットガルト・バレエ団の「ロミオとジュリエット」を見てきました。

最初に夜を買ったのだけど、つい、NBSのプロモーションにつられ、フォーゲル&アマトリアンも買い増ししてしまいました。(しかし、連続はやっぱ疲れます)

前回の来日時の感想とダブりますが、クランコ版のロミジュリは本当にロマンチックで素敵ですね。マクミラン版のような濃さ、疾走感とは違うけど、美しい舞台セットで、しっとりとドラマを見せてくれます。

とくに回廊がうまく使われてるのが印象的。舞踏会シーンでは、回廊の向こうで舞踏会のざわめきが演出され、手前でロミオとジュリエットの2人のシーンが描かれます。もっとも美しいのは、やはり、バルコニーシーン。回廊のある月夜の照明が本当にロマンチックです。
続きを読む
posted by とらのお at 23:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 公演日記2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

シュツットガルトバレエ団「オネーギン」2005/11/10(木)

11/10(木)に、シュツットガルト・バレエ団のオネーギンを見てきました。舞台のセットも上品だし、ダンサーもそれぞれの役にあっていてとても面白かったです。

[配役]
 オネーギン:マニュエル・ルグリ
 レンスキー:ミハイル・カニスキン
 タチヤーナ:マリア・アイシュヴァルト
 オリガ:エレーナ・テンチコワ
 グレーミン公爵:イヴァン・ジル・オルテガ

なかでも、注目のルグリが演じるオネーギンはさすがだなと思いました。
続きを読む
posted by とらのお at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演日記2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

「International Stars of Ballet 2006」2006年1月

1月に International Stars of Ballet 2006 <21世紀のバレエシーンの頂点> というガラ公演があります。

今が”旬”のダンサーが集まる、というのが売り文句のようです。
続きを読む
posted by とらのお at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 終了した公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

かんてんぱぱカフェ 初台店

バレエの話題から少しはなれますが、初台駅から徒歩5分ぐらいのところに、「かんてんぱぱカフェ」という、寒天メーカの直営ショップ&カフェがあります。お店のホームページはこちら

hatudai_entrance.gif

ダイエット食品として寒天が人気になってるようですし、新国でバレエを見た後などちょっとお茶をのみつつ、ついでに寒天を買っていくといいかも。明るい雰囲気だし、ちょっとローカルな感じで、のんびりできます。
続きを読む
posted by とらのお at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇場ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京バレエ団「ベジャール=ディアギレフ」2006年4月

来年の4月のベジャールの作品と、ディアギレフの作品を集めた東京バレエ団の特別公演ですが、配役の発表があったので、記事も更新しておきます。

首藤くんのペトルーシュカ(ニジンスキー版)や、牧神の午後など、なんとも楽しみ。ベジャールのボレロは上野水香さんです。
続きを読む
posted by とらのお at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 終了した公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

東京バレエ団「ジゼル」2006年3月

来年3月に、東京バレエ団のジゼル公演があります。配役は、両日とも、ジゼル:斎藤友佳理、アルブレヒト:フィーリンです。
続きを読む
posted by とらのお at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 終了した公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

再放送「トップランナー」ボーイズクラス

首藤さんが講師となった男の子のためのバレエクラスのドキュメンタリー、トップランナーの特別編が再放送されるそうです。

▼トップランナー TRスペシャル<ボーイズクラス>
 NHK教育テレビ
 11月10日(木) 24:00〜24:44(再放送)

なんども再放送するので、大分人気が高かったようですね。
続きを読む
posted by とらのお at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする